ロンドン駐在員 イギリスをゆく

カテゴリ

最新情報

ロンドンのショッピングエリア

ロンドンのバーゲン・セール」の続きです。


私が普段ショッピングをしているのは以下のエリアです。


リージェント・ストリート (Regent Street)
  http://www.regentstreetonline.com/

ピカデリー・サーカス(Piccadilly Circus)駅から北側の
オックスフォード・サーカス(Oxford Circus)駅まで結ぶストリートです。

リージェント・ストリート (Regent Street)
リージェント・ストリートとオックスフォード・ストリートの交差点

常に多くの観光客や買い物をする人で混み合っていて、
なんと年間5000万人を超す人が訪れるそうです!


オックスフォード・ストリート (Oxford Street)
  http://oxfordstreet.co.uk/

オックスフォード・ストリート (Oxford Street)
クリスマスショッピングで賑わうオックスフォード・ストリート (Oxford Street)

トッテナム・コート・ロード(Tottenham Court Road)駅から西に、
オックスフォード・サーカス(Oxford Circus)駅、
ボンド・ストリート(Bond Street)駅、
マーブル・アーチ(Marble Arch)駅まで結ぶストリートです。

ヨーロッパでもっとも賑わいのある通りで、300以上のショップが並んでいます。

また、ハロッズ(Harrods)以外の、セルフリッジズ(Selfridges)、
ジョン・ルイス(John Lewis)、リバティ(Liberty)といった
有名デパートの本店があるのも特徴的です。


ボンド・ストリート (Bond Steet)
  http://www.bondstreet.co.uk/

リージェント・ストリートの西側を南北に平行しているストリートです。
南側はオールド・ボンド・ストリート(Old Bond Street)、
北側はニュー・ボンド・ストリート(New Bond Street)と呼ばれています。

オールド・ボンド・ストリートでは、ほぼ全ての有名な高級ブランドの
大型路面店を見ることができます。


カーナビー・ストリート (Carnaby Street)
  http://www.carnaby.co.uk/

カーナビー・ストリート
夜のカーナビー・ストリート (Carnaby Street)

ボンド・ストリートとは逆に、リージェント・ストリートの東側を南北に
平行している歩行者専用のストリートです。

有名ブランドのショップだけでなく、小規模で個性的なブディックが数多くあるのも
カーナビー・ストリートの特徴です。

1960年代のスウィンギング・ロンドン(Swinging London)の中心であり、
流行の発信地としても知られています。

このカーナビ・ストリートのすぐ近くに、老舗デパートとして有名な
リバティー(LIBERTY)があります。


メイフェア (Mayfair)
  http://www.mayfair-london.co.uk/

東はリージェント・ストリート(Regent Street)、西はハイドパーク(Hyde Park)、
北はオックスフォード・ストリート(Oxford Street)、南はピカデリー(Piccadilly)と
グリーンパーク(Green Park)に囲まれたエリアです。

ロンドンで最もポッシュなこのエリアには、ビスポークの老舗が並ぶスーツ発祥の地、
日本の「背広」の語源ともなったサヴィル・ロウ(Savile Row)や、英国紳士御用達の
お店が集まるジャーミンストリート(Jermyn Street)があります。

ジャーミンストリート(Jermyn Street)
夕暮れ時のジャーミンストリート(Jermyn Street)

先ほどご紹介したボンド・ストリートもこのメイフェアにあります。

他にも、有名ブランドショップが並ぶピカデリー・アーケード(Piccadilly Arcade)、
ロイヤル・アーケード(Royal Arcade)、バーリントン・アーケード(Burlington Arcade)
といったアーケードもあります。


コベント・ガーデン周辺 (Covent Garden)
  http://www.coventgardenlondonuk.com/

コベント・ガーデンもショッピングエリアですが、いろいろな種類のお店が集まっていて
ぶらぶらするだけでもかなり楽しいです。

昔は野菜や果物の卸売市場があったのですが、交通渋滞のため移転され、
その跡地がショッピングセンターとして再開発されたそうです。

コベント・ガーデン・マーケット(Covent Garden Market)が有名で、
アップル・マーケット(Apple Market)やジュビリー・マーケット(Jubilee Market)と
いったマーケットがあります。

コベント・ガーデン
クリスマスシーズンのコベント・ガーデンのアップル・マーケット(Apple Market)

また、週末には多くのストリート・パフォーマンスが繰り広げられています。

周囲にはニールズ・ヤード(Neal's Yard)があるニール・ストリート(Neal Stree)、
オペラやバレエを上演しているロイヤル・オペラ・ハウス(Royal Opera House)、
少し南に下ってロンドン交通博物館(London Transport Museum)などもあります。

タグ

イギリスで大洪水!

イギリスでは昨年2013年の12月から天気の悪い日が続き、大洪水による被害が
連日ニュースで大きく取り上げられています。

イングランドの1月としては、今年は記録が始まった1766年以来、約250年ぶりの
最も降水量の多い月となり、冬としてもおそらく最も降水量の多い年となりそうです。

ただ降水量が多いだけであればいいのですが、連日続く雨や激しい暴風雨により、
洪水、停電、道路の閉鎖や鉄道運行停止等が各地で発生し、死亡者も出ています。
特にイングランドとウェールズの中南部では相当な被害が出ています。

私の知人もニュースになっている地域に住んでいるのですが、
クリスマスや年末年始はお祝いどころではない、大変な状況だったそうです。

特に今は冬ですから、停電した場合は暖房もストップするので命に関わります。


2014年2月15日時点での環境庁(Environment Agency)による洪水警報

イギリスの洪水警報
http://www.environment-agency.gov.uk/homeandleisure/floods/default.aspx

生命に危機を及ぼすレベルの深刻な洪水警報(severe flood warnings)が16、
洪水警報(flood warnings)が150以上、洪水注意報(flood alerts)が260以上、
イングランドとウェールズで発表されています。


最近の激しい暴風雨や洪水の様子を動画で見ることができます。
http://www.bbc.co.uk/news/uk-26117610

私にとって衝撃的だったのは次の3つ。

South West England: Stormy seas hit Devon, Cornwall and Dorset
イングランド南西部のデボン(Devon)、コンウォール(Cornwall)、
ドーセット(Dorset)の海沿いの荒れ模様が見れます。
海沿いの家、やばすぎます。

Somerset: Aerial pictures of train surrounded by floodwater
同じくイングランド南西部のサマセット州(Somerset)から。
列車の運命も風前の灯火か。

Devon: One of the last trains through Dawlish
デボン州(Devon)の海沿いを走る列車に襲い掛かる高波。
中に乗っている人は生きた心地がしなかったのでは。

タグ

2014年2月16日||トラックバック (0)

カテゴリー:最新情報・ニュース

ロンドンのバーゲン・セール

ロンドンでは年に2回のバーゲン・セールの時期があります。

夏のサマーセールは6月中旬頃から7月中旬頃まで、
冬のウィンターセールはクリスマスの後、ボクシングデーの12月26日から1月中旬頃までです。

実際にはこの期間の前から、特に冬はクリスマスセールが始まっているお店もありますし、
もっと長い間セールを行っているお店もありますが、本格的なバーゲンセールは
ほとんどのお店でこの時期内に行われます。


セールといっても日本のバーゲンとは比較にならないほど大幅に値引きされ、
日本だとまずセールにならないようなブランドも対象になります。

しかも、後半になるにつれて値段はどんどん安くなっていき、最終的には
70%引きなど、信じられないほどのディスカウントとなります。
ホント驚きの安さです!

ポール・スミス(Paul Smith)のセール
ポール・スミス(Paul Smith)のセール


ただし、人気のアイテムやサイズは早めになくなってしまうので、
買う時期の見極めがなかなか難しいところです。

個人的には多少値段が高かろうと、セール初日を狙うべし!です。
高いといってももちろん普段よりは安いですし。

クリスマス明けのバーゲン初日はお店のオープン前から多くの人が
開店を待って行列を作っています。

ハロッズ(Harrods)のウィンターセール初日
イギリス最大の高級百貨店、ハロッズ(Harrods)のウィンターセール初日。
ハロッズ前で開店を待つ人々。

タグ

アクセスランキング 2013年

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


毎年恒例の(?)当ブログ「ロンドン駐在員 イギリスを行く」のアクセスランキング。

前回の2012年で1位だった記事は「ビスタービレッジ アウトレットモール」でした。
アクセスランキング 2012年」の記事
今年はいったいどのようなランキングとなったのでしょうか。

まず10位から4位までです。 ()内は前年度順位です。


● 10位 シンプソンズのローストビーフ (10位)

イギリス料理といえばフィッシュアンドチップスやローストビーフが代表的な料理であり、
やはり老舗レストランのシンプソンズのローストビーフが上位に食い込んできました。


● 9位 ヌラーゲ(Nuraghe) イタリアン (-)

友人のオススメ、ロンドン北部のイタリアンレストラン。
ボッタルガ(カラスミ)パスタとウニパスタは外せません。


● 8位 WAGAMAMA(ワガママ) 和食レストラン (-)

なぜか一時期かなりのアクセスがあった当記事。
WAGAMAMA(ワガママ)が日本のテレビ番組に取り上げられたのでしょうか。


● 7位 昇龍のとんこつラーメン (-)

ロンドンは空前のラーメンブームのようです。
一点張×龍旗信から始まり、昇龍、ボーンダディ(Bone Daddies)、
とんこつ(Tonkotsu)、こころ2号店と続々とラーメン屋がオープンしています。

今春には、讃岐うどん店チェーンの「丸亀製麺」がロンドンに進出するそうなので
次はうどんブームがくるかもしれませんね!


● 6位 XファクターUSA 2012年の優勝者は (-)

なぜかUKではなくUSA版のXファクター、しかも2012年。
なぜ。。。


● 5位 ハリーポッター博物館に入場! (-)

ハリポタファンにとっては本場イギリスのハリーポッター博物館は必見なのでしょう。
私も行った時にはいろいろ買いました。
そういえばまだこの話は完結していませんでした。汗


● 4位 鮨清(すし清) (3位)

おいしいお寿司を食べたくなったら行く鮨清(すし清)。
最近はイギリス生活に慣れたためか、以前ほどお寿司を食べたくなることがありません。
慣れって怖い。。。

タグ

2014年1月 3日||トラックバック (0)

カテゴリー:最新情報・ニュース

SHAKE SHACK(シェイクシャック) 絶品ハンバーガー

ロンドンは冬のバーゲン真っ最中!

普段は人混みが嫌いなので買い物にはめったに行かない私ですが、
この時期はバーゲンハンターと化して気合を入れて活動中です。

でも慣れていないためか、疲れる疲れる。
食事をする間を惜しんで精力的に動いていることもあって、お腹ぺこぺこでした。

なぜか無性にジャンクフードが食べたくなり、ふと思い出したのは今年2013年7月に
ニューヨークからロンドンのコベントガーデン(Covent Garden)に進出した
アメリカのSHAKE SHACK(シェイクシャック)というハンバーガー屋さん。

SHAKE SHACK(シェイクシャック)のHP
http://www.shakeshack.com/location/london-covent-garden/


最近はGoogle検索が便利ですね。
シェイクシャックという名前はうろ覚えでも、シャックシェイクかシェイクシェイクか
コヴェント・ガーデンという場所と併せて適当に検索してもずばり場所を教えてくれました。

ロイヤル・オペラ・ハウス(Royal Opera House)近くのマーケットの中にあったんですね。
何度もマーケットのあたりには行っているのに、これまで全く気付きませんでした。


SHAKE SHACK(シェイクシャック)はアメリカでは有名なチェーン店のようで、
2005年にはNew York magazineのベスト・ハンバーガーに選ばれたそうです。
これは楽しみです♪


この日バーゲンセールで買った商品を両手に、疲れた体に鞭打って
ようやくSHAKE SHACKに辿り着いたのは夕方17時ぐらい。

Shake Shackのお店


この日は朝からほぼ飲まず食わずだったので、とりあえずボリュームありそうで
お店の名前のついたShack BurgerのDoubleとSmoke ShackのDoubleの2種類のハンバーガー、
チップス、ビールとシェイクを注文します。

SHAKE SHACKのメニューを見ると、ハンバーガーについて説明されています。
> 100% Aberdeen Angus beef. Grass fed on Scottich pastures.
> Our proprietary Shack blend is freshly ground.
ふむふむ、食材に気を使っているんですね。

Shack BurgerのDoubleは
> Cheeseburger topped with lettuce, tomato and ShackSauce.

Smoke ShackのDoubleは
> Cheeseburger topped with British free range Wiltshire cure smoked bacon,
> chopped cherry pepper and ShackSauce.

ShackSauceが気になりますね。
もうお腹ペコペコです。

タグ

2013年12月28日||トラックバック (0)

カテゴリー:グルメ

The Sea Shell フィッシュ・アンド・チップス

ロンドンに来た当初、美味しいフィッシュアンドチップスのお店があると友達に
教えてもらったのがMarylebone(メリルボーン)駅近くにある"The Sea Shell"です。

The Sea Shell(ザ・シーシェル) のホームページ
http://www.seashellrestaurant.co.uk/

教えてもらった後すぐにThe Sea Shellに行ってみたのですが、
その当時は閉店したようでしばらくの間は営業していませんでした。


それから数年。

昨年車でたまたまThe Sea Shellの前のLisson Groveを通ったのですが、
改修されて新しくなったお店が再開していました。

早く行きたいと思いつつも、The Sea Shellは我が家からは行きにくく、
なかなか行く機会もなかったのですが、日本から遊びに来た友達が
Fish and Chipsが大好物ということなので、The Sea Shellに行ってきました。

The Sea Shellのお店

The Sea Shellにはテイクアウトのお店と、横にレストランが併設されています。

賞もいろいろ受賞しているようです。

The Sea Shellの賞

我々はロンドン市内観光ついでに寄っただけなので、気軽なテイクアウトのお店に入りました。


まずは定番のCodとHaddockのFILLETをオーダー。
チップス(フライドポテトです)とタルタルソースは別に頼む必要があります。

COD FILLET(コッド、日本語でタラ(鱈))
HADDOCK FILLET(ハドック、日本語でコダラ(小鱈))
どちらもタラ科ですね。

もう一品何かおいしいメニューがあるかお店の人に聞くと、Fish Boxをおすすめされました。

メニューにはCod gujons, Haddock nuggets, regular chipsと書かれています。
CodもHaddockもチップスも入った全部盛りです!これはお得。

注文を受けてからフィッシュを揚げるようで、数分間待つように言われました。
店内にはいいにおいがしています。

おいしくないフィッシュアンドチップスのお店の場合、このにおいがよくなく、胸焼けするような感じになります。
期待できそうです。

タグ

2013年10月13日||トラックバック (0)

カテゴリー:グルメ

ノートパソコンが故障!

ついに私のノートパソコンが故障してしまいました。。。
最近何度か自動的にシャットダウンされることがあり、危ないなーと思っていた矢先でした。

外付けハードディスクを買ってデータを移し始めたところだったのですが、
デジカメ写真を移し終えたところでハードディスクがクラッシュです。。。涙
ブルースクリーンが現れた後再起動したものの、まったく動く気配がありません。

昔の古いパソコンを引っ張り出して、対処方法をネットで検索したところ、
ハードディスクからデータを引っ張り出せる可能性がありました。

新しく取り替えるための内蔵用ハードディスクと、壊れたハードディスクと
新しいハードディスクをUSBでSATA接続できるケーブルを購入。

まずはノートパソコンを分解し、新しい内蔵用ハードディスクを取り付けます。

ノートパソコン内部

これが結構大変!数時間かかりました。

タグ

つぶやき英会話学習法

以前に私の英語の勉強方法について、
英語をどのように身に付けるか その1
英語をどのように身に付けるか その2
をご紹介しました。

今日は日経Bizアカデミーで紹介されていた「つぶやき英会話学習法」という
英語の勉強方法についてご紹介します。

ここでは『つぶやき英会話学習法 ―私はこれで英語の達人になった!―』という
書籍のエッセンスがピックアップされていました。

著者の浅見隆氏は、レブロンやジョンソン・エンド・ジョンソンなど、
外資系企業トップを長年務めた方です。


詳細は本を読んでいただくとして、浅見氏が実践してきた英語学習法のポイントは次の3点です。

1. 最寄り駅からの帰宅途中の5分間をつぶやき英会話(一人英会話)にあてる
   → 話す能力をupさせる!

2. 電車の中で15分間、携帯プレーヤーを持って聞く
   → 聞く能力をupさせる!

3. 英文レター・英文メールから良い表現を盗む(借りる)
   → 読む、書く、そして話す能力をupさせる!


実はこの3点、まさに私も実施している英語の勉強方法と同じであり、
驚くと共に我流ながら正しく勉強できていたんだと安心しました。
私も本を書けたかも?なーんて。


私のケースをもう少し詳しくをご紹介します。

タグ

2013年8月 8日||トラックバック (0)

カテゴリー:英語の勉強方法

ロイヤルベビー誕生!

2013年7月22日のBST 16:24、待ちに待ったロイヤルベビーが誕生しました!

公式発表の内容
ロイヤルベビー誕生の公式発表の内容(写真はBBC HPより)

ロイヤルベビーは男児で、体重は8ポンド6オンス(約3800グラム)。
キャサリン妃も生まれた男の子も元気だそうです。

王位継承順位2位のウィリアム王子に続き、継承順位3位となります。


キャサリン妃が今回出産したのはロンドンのパディントンにあるセント・メアリー病院で、
ダイアナ元妃がこの病院でウィリアム王子とヘンリー王子を出産しています。

セント・メアリー病院はNational Health Service (NHS)と呼ばれる国営医療保険制度で
運営されている病院で、プライベートと呼ばれる私立病院とは異なります。

一般家庭出身のキャサリン妃らしいですね。
と思っていたら、分娩室の利用は1泊5000ポンドだそうです。
セレブの人達が使う私立病院だともっと高いんでしょうね。

タグ

2013年7月23日||トラックバック (0)

カテゴリー:最新情報・ニュース

全英オープンゴルフ 2013年優勝はフィル・ミケルソン!

2013年7月18日から4日間行われた、男子ゴルフの全英オープン選手権。
http://www.opengolf.com/

全英オープンゴルフの会場はスコットランド、ガレーンのミュアフィールド・リンクス。
開催地としては16回目となります。

MuirfieldのHP
http://www.muirfield.org.uk/


私が観戦に行った全英オープンゴルフの2011年は雨と強風で最悪のコンディションで、
寒さに震えていたことを思い出します。

全英オープンゴルフ 2011年観戦記
全英オープンゴルフ 2011年観戦記 その2

イギリスでは珍しく快晴続きの今年の全英オープンゴルフ。
ピクニック感覚で観戦できるのがうらやましいです。


それはさておき。

21日の最終ラウンドは地元イングランドのリー・ウェストウッド(Lee Westwood)と
米国のタイガー・ウッズ(Tiger Woods)の一騎打ち!かと思いましたが、なんと。。。

フィル・ミケルソン(Phil Mickelson)が最終日に5アンダー、66とスコアを伸ばし、
2位のヘンリク・ステンソン(Henrik Stenson)に3打差で優勝しました。

2013年全英オープンゴルフ優勝者、フィル・ミケルソン
写真はhttp://www.theopen.com/より

ミケルソンは全英オープンでは2004年の3位、2011年の2位タイ以外は成績も
良くないのですが、今回見事初優勝、メジャー通算5勝目を飾りました。

タグ

2013年7月22日||トラックバック (0)

カテゴリー:スポーツ


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11