2010年1月の記事一覧

クロテッドクリーム

クロテッドクリーム(Clotted cream)をご存知ですか。

クロテッドクリームとはイギリスの乳製品の一種で、
脂肪分が高い英国の伝統的クリームのことです。

クロテッドクリームは脂肪分の高い牛乳を、弱火で煮詰めたものを一晩おいて
表面に固まる脂肪分を集めて作られます。


ウィキペディア(Wikipedia)によると、イギリスの南西部デヴォン州で
2000年以上も前から作られてきたそうです。

ただし、起源についてははっきりしていません。

というのも、クロテッドクリームには
- イギリス南西部デヴォン州のデヴォンシャー・クリーム
- 隣のコーンウォール州のコーニッシュ・クリーム
があります。

どちらが起源か、というのは地理的にも隣接していますし、
文書が残っていないため、はっきりさせることは難しいのでしょう。


私がクロテッドクリームのことを知ったのは、十年以上前に林望さんが書かれた
「イギリス観察辞典」という本を読んだ時です。

この本によると、生クリームには、シングル、ホイッピング、
ダブル、クロテッドの4種類があるそうです。

クロテッドとは「凝固した」という意味で、その意味から推察できるように
シングル、ホイッピング、ダブル、クロテッドの順に濃厚になっていきます。


この濃厚なクロテッドクリームをスコーンに付けて食べるのがイギリス流です。

スコーン、クロテッドクリーム、ストロベリージャムあるいはラズベリージャムと
紅茶のセットはクリームティー、またはデボンシャーティーと呼ばれています。

タグ

2010年1月24日|コメント (2)トラックバック (0)

カテゴリー:グルメ

鮨清(すし清)

鮨清(すし清)はグルメな知人の方に教えていただいたのですが、
ロンドンで一番おいしいお寿司屋さんと評判高いお店だそうです。

この前両親が日本から遊びに来たのですが、数日経った頃にそろそろ
日本食が恋しいだろうと思ってすし清に連れて行きました。

鮨清はJubilee Line の ゾーン2にある Willesden Green駅から
徒歩で約1分という行きやすい場所にあります。

鮨清の店前


開店直後に行ったので、店内はまだガラガラです。
今回は話しやすい奥のテーブル席です。

テーブル席


次回はカウンター席でゆっくりしてみたいですね。

カウンター席


まずはお酒のあてに刺身盛り合わせ、焼き魚、てんぷらを頼みました。
お寿司だけでなく、こういった一品物もいろいろな種類があって充実しています。

刺身盛り合わせ。

刺身盛り合わせ


何の魚か忘れましたが、焼き魚。
久しぶりにこれだけうまく焼けている焼き魚を食べた気がします。

焼き魚


てんぷら。
塩とレモンで食べるなんて泣けます。

てんぷら


待つこと数分、握り鮨が来ましたよ。
握り鮨が一度に運ばれてくると豪勢ですね!

握り寿司オーダー1回目


軍艦巻きから。

うに。

うにの軍艦巻き


いくら。

いくらの軍艦巻き


生牡蠣。

アイルランド産と説明された気がします。
イギリスでは結構生牡蠣がおいしいのです。

生牡蠣の軍艦巻き


次は握りです。

適度に脂の乗った中トロ。
口の中でとろけます。

中トロの握り


これまた適度に脂の乗ったはまち。

はまちの握り


ホタテ。

ほたての握り


しめ鯖。

ロンドンで食べるさばはサーモン同様、結構脂が乗っています。

しめ鯖の握り

タグ

2010年1月17日|コメント (4)トラックバック (0)

カテゴリー:グルメ