2010年2月の記事一覧

宇多田ヒカル (Utada Hikaru) ロンドン公演

ロンドンでは日本からいろいろなアーティストやミュージシャンが来て
公演をすることがよくありますが、今回は結構大物がやってきました。

宇多田ヒカル(Utada Hikaru)です!

宇多田ヒカル (Utada Hikaru) ロンドン公演

直前に日系の情報誌等でロンドン公演のアナウンスがされていなかったようで、
私の周囲の人も宇多田ヒカルのコンサートのチケットを取ることができなかったようです。

私はたまたまインターネット上でロンドン公演のチケット発売日のことを知って、
かなりラッキーなことにチケットを取ることができました♪

十年前ぐらいのデビュー時からすごい人気があり、当時はそのコンサートチケットは
プラチナチケットで入手するのは相当困難でしたね。
今の日本でもコンサートチケットの入手は難しいのでしょうか。


さて、今回の公演ですが、ロンドンだけでなく、米国のハワイ・ホノルル、
シアトル、サンフランシスコ、ラスベガス、シカゴ、ボストン、ニューヨーク、
そして英国のロンドンの海外8都市で公演しています。

しかも、米国はわからないですが、ロンドンの場合はAngelにある
O2 Academy Islingtonという小さなライブハウスで公演します。
結構雰囲気あって盛り上がるのでは?と期待感も高まります。


そんなこんなで仕事も早々に片付け、18時頃に会場に到着です。
20時開始だから余裕で前の方の列かと思いきや、かなり寒い中
既にかなり長い列ができています。

しかも意外なことにほぼ日本人以外です。
Utadaってそんなに海外で知名度高いのでしょうか。


ブルブル震えながら1時間ほど待ち、ようやく入場です。
会場は結構狭く、ライブハウスって雰囲気ムンムンです。
宇多田ヒカルをかなり近くで見れそうです。

ライブハウスでは既に女性のDJがレコードをまわしています。
後でUtadaが説明していましたが、彼女はニューヨーク(だったかな)で
知り合ったお気に入りのDJで、今回の公演に来てくれるように頼んだそうです。

タグ

2010年2月13日||トラックバック (0)

カテゴリー:イベント・コンサート

アフタヌーンティーのおすすめ

アフタヌーンティー(Afternoon tea)とは、イギリスの代名詞ともいえる
伝統的な風俗習慣で、英国の上流階級の間で19世紀に始まりました。

当時のイギリスでは1日に朝食と夕食の2食でした。
その間の空腹を満たすために始まったのがアフタヌーンティーです。

日本でいえば茶道がアフタヌーンティーに該当します。
茶道と同様、アフタヌーンティーでは単なる飲食を超えて
作法や会話、食器などの知識が求められるのです。


アフタヌーンティーでは、狭いテーブルを有効活用するために
3段のティースタンドが一般的に使われています。

フォートナム&メイソンのアフタヌーンティー

上段はスイーツ、中段はスコーン、下段はサンドイッチというのが基本ルールです。

スイーツはお店によっていろいろな種類が出されますが、
チョコレートケーキ、フルーツタルトなどが一般的です。

スコーンにはクロテッドクリームやジャムが添えられています。
このクロテッドクリームが重要!
スコーンにジャムと一緒にたっぷりと塗って食べましょう。

クロテッドクリームの詳細は先日「クロテッドクリーム」でも紹介しましたが、
これ無しではアフタヌーンティーは成立しないと言ってもいいと個人的には思います。

フィンガーサンドイッチと呼ばれるサンドイッチの具材は
キュウリやタマゴ、スモークサーモンが一般的。

これらをポットにたっぷりと入った紅茶と一緒に楽しみます。


アフタヌーンティーに特に厳密な作法は無いものの、一流ホテルや高級店に
行くのであれば、ある程度フォーマルな服装で行くことをおすすめします。

タグ

2010年2月 1日||トラックバック (0)

カテゴリー:風俗・習慣