2010年4月の記事一覧

アイスランドの火山噴火によるヨーロッパ航空事情

2010年4月15日にアイスランドのエイヤフィヤトラヨークトル火山が噴火しました。
この火山灰の影響が広範囲に広がりつつあり、欧州の空は大混乱となっています。

アイスランドの火山噴火
写真はロイター(http://www.reuters.com/)より

火山灰に含まれるガラス、砂、岩などの破片が飛行機のエンジンに深刻なダメージを与え、
乗客を危険にさらすことから域内での運航を禁止する国が増えています。
18日現在で約30カ国の空港で閉鎖や飛行制限などの影響が出ています。

イギリスでは一時空港閉鎖が解除されましたが、再度全空港が閉鎖されており、
そのため大陸に渡る他の方法であるユーロスターやフェリーは満席だそうです。


問題はこの噴火が止む見込みがなく、火山灰の影響範囲が広がってきていることです。
以下のNASAの衛星写真で見える白い部分が火山灰なのですが、欧州全域に広がっています。

アイスランドの火山噴火による火山灰の影響範囲
写真はBBC(http://www.bbc.co.uk/)より


ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways:BA)などの航空会社に与える
影響は一日130万ポンド(200万ドル、約180億円)の損失にもなるとか。

この空港閉鎖や欠航による影響は米同時多発テロ時を超える可能性もあり、
そのため、航空会社の株価も下落しています。

経済活動だけでなく、外交活動にも影響が出ています。
最近飛行機の墜落により亡くなったポーランドの故カチンスキ大統領の国葬で
オバマ米大統領などの各国要人が出席を取りやめました。

タグ

2010年4月19日||トラックバック (0)

カテゴリー:最新情報・ニュース

ボロー・マーケット(Borough Market)散策

いよいよ春めいてきたロンドンの週末。
久しぶりにボロー・マーケット(Borough Market)に行ってきました。

ボロー・マーケットについてはこちらの記事をご覧ください。
ボロー・マーケット Borough Market


まずは腹ごしらえ。
どこの屋台も行列ができています。

いろいろな屋台が出ている中、お目当てのホットドッグに並びます。

ボロー・マーケットの屋台

ここではドイツ風のウインナーが食べれるのです。

ボロー・マーケットの屋台のホットドッグ

イギリスのウインナーは日本のシャウエッセンみたいにパリッと割れないんですよね。
このお店のソーセージはまさに"パリッ"と食べることができるんです!


天気が良かったので、ちょっとした芝生の場所があるとそこは人でいっぱいです。

ボロー・マーケット前の教会

イギリスではいい天気の日は少ないので、天気がいい日はみんなできる限り外に出かけます。
それこそ太陽を求める植物のごとく、ちょっとでも日に当たろうとしています。


次に向かったのがFish! Kitchen。

Fish! Kitchen

イギリスの定番料理フィッシュアンドチップスをテイクアウェイで食べることができます。

Fish! Kitchenのフィッシュアンドチップス

ビネガーをたっぷりかけて、ポテト用のケチャップもドバッとかけましょう。


そのまま近くのパブに移動.

ボロー・マーケットのパブ

タグ

2010年4月14日|

カテゴリー:マーケット

イースター(Easter)

イギリスでは2010年は4月2日から5日まで4日間のイースターホリデーです。

日本で例えるのであればゴールデンウィークといったところでしょうか。
数少ないイギリスの祝日の中で4連休になることは珍しいです。

イースター(Easter)は復活祭とも呼ばれ、イエス・キリストが処刑された日の
3日後に復活した日を祝い、キリスト教においては最も重要な祝日とされています。

ややこしいことですが、イースターの日は毎年変わります。
「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」がイースターです。

そして、イースターの3日前の金曜日、キリストが処刑された日は
グッド・フライデー(Good Friday)と呼ばれ、同じく祝日となっています。


イースターを祝う風俗習慣として有名なのがイースターエッグ。
ゆで卵の殻にペインティングを施して飾ります。

最近では卵の形をしたチョコレートが人気で、この時期にスーパーなどに行くと
カラフルな卵型チョコレートがたくさん売られています。

イースターのチョコレート
写真はイギリスの高級スーパーMarks&Spencer(マークス&スペンサー)のHPより

子供がいる家庭では庭に埋めて子供達が探すエッグハントを楽しむことも多いようです。

なぜ卵か?という理由をWikipediaで確認したところ、
卵から雛が生まれてくることとイエスがお墓から復活したことが結びついているから、
また、冬が終わり草木に再び生命が甦る喜びを表したものといわれているようです。

タグ

2010年4月 4日||トラックバック (0)

カテゴリー:風俗・習慣