2012年2月の記事一覧

ブリット・アワード 2012

ブリット・アワード2012(Brit Awards 2012)が2月21日に
ロンドンのO2アリーナで開催されました。
http://www.brits.co.uk/

2月11日に行われた第54回グラミー賞で6冠を獲得したアデルは、ブリット・アワードでも
英国女性ソロアーティスト賞とマスターカード英国アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

ブリット・アワード2012のアデル
写真はBBC(http://www.bbc.co.uk/)より

アデル(Adele)はイギリスのロンドン出身の女性シンガーソングライターです。
外見からはそれなりの年齢と思われますが、実はまだ23歳!

彼女の歌唱力は実際すばらしく、2枚目のアルバム「21」は世界で1700万枚売れ、
24カ国でナンバーワンだそうです。

アデルのCD 21

彼女の他の記録は以下の日本公式サイトをご覧ください。
http://adele21.hostess.co.jp/


ブリット・アワード2012の授賞式はITVで放送されていたのですが、
放送時間の関係上司会者が受賞スピーチを強引に中断させてしまい、
これに対してアデルが怒って中指を立ててしまいました。

生放送なので当然バッチリ放送されてしまい、物議をかもしています。

アデルは「ファンに対してではなくてブリット・アワードに対して」だったと
後で釈明していますが、これは本当だと思います。

会場でもスピーチが中断された際にブーイングが起きていましたので、
他の観客も同じ気持ちだったのではないでしょうか。


イギリスでデビューして人気急上昇のシンガーソングライターのエド・シーラン(Ed Sheeran)。
彼は英国男性ソロアーティスト賞と英国新人賞を受賞しました。

ブリット・アワード2012のエド・シーラン
写真はBBC(http://www.bbc.co.uk/)より

デビューシングル曲の「The A Team(Aチーム ~飛べない天使たち~)」は
ロンドンでは一時期ラジオで聞かない日はないぐらいでした。

エド・シーランのCD プラス

タグ

ヴィクトリア&アルバート博物館

ナイツブリッジ(Knightsbridge)、スローンスクエア(Sloane square)で
ショッピングついでにサウスケンジントン(South Kensington)にある
ヴィクトリア&アルバート博物館(Victoria and Albert Museum)に行ってきました。

ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館は1852年に設立されたミュージアムで、
400万点!という膨大な数のコレクションが展示されている世界最大級の国立博物館です。

ヴィクトリア&アルバート博物館
http://www.vam.ac.uk/ (英語ページ)
http://www.vamuseum.jp/ (日本語ページ)


あまり期待していませんでしたが、これが大当たり!

展示内容も多岐に渡り、地理的には西洋から東洋にかけて、時代的には過去から現代にかけて、
展示品は彫刻、衣装、陶磁器、絵画等、さすが400万点は幅広い!といった感じです。


驚いたことに、鎧や刀といった武具、陶磁器や絵画といった日本のものが
展示されている日本コーナーがありました。

この日の一番のヒットは葛飾北斎の富嶽三十六景でした。
まさかホンモノがロンドンで見れるとは驚き!

富嶽三十六景 神奈川沖浪裏
富嶽三十六景 神奈川沖浪裏

富嶽三十六景 凱風快晴
富嶽三十六景 凱風快晴

タグ

2012年2月18日||トラックバック (0)

カテゴリー:ロンドンの観光スポット