ガイ・フォークス・ナイト(Guy Fawkes Night)の花火 

ガイ・フォークス・ナイト(Guy Fawkes Night)の花火 

11月。
サマータイムが終わり、ハロウィンも終わるといよいよクリスマスですが、
もう一つ大きなイベントがあります。

この時期、暗くなり始めるとロンドンのあちらこちらで花火を見ることができます。
花火は日本では夏に楽しむので、寒くなってからの花火にはやや違和感があります。

いったい何だろう?とイギリス人の同僚に聞いてみると、
ガイ・フォークス・ナイト(Guy Fawkes Night)」と呼ばれる記念日だそうです。


他にも、
「ガイ・フォークスの日」、
「焚き火の夜 ボンファイアー・ナイト(Bonfire Night)」、
「クラッカー・ナイト(Cracker Night)」、
「花火の夜 ファイアワークス・ナイト(Fireworks Night)」
とも呼ばれているこの風俗・習慣ですが、ロンドンだけではなく
北アイルランドを除くイングランド各地で行われている風俗・習慣だそうです。


ガイ・フォークス(Guy Fawkes)は、1605年に国会議事堂を火薬で爆破し、
国王のジェームズ一世を殺害しようと試みたイギリス最初のテロリストです。

結局この事件は未遂に終わっていますが、当時国王に対する犯罪は重罪で、
記載するのもためらわれるほどの極刑が執行されました。
原因はローマ・カソリックとプロテスタントの争いです。

この暗殺が未遂に終わったことを祝っているのが「ガイ・フォークス・ナイト」なのです。

子供達は「ガイ (Guy) 」と呼ばれるガイ・フォークス人形を曳き回し、
この人形は最後には篝火に投げ入れられて燃やされるそうです。
なんとも無邪気で残酷な風俗・習慣ですねぇ。(汗)

11月5日がガイ・フォークス・ナイト(Guy Fawkes Night)の公式な記念日ですが、
一般的には前後の週末、各地の公園などで花火を鑑賞することができます。

私の住んでいるエリアでも花火の音が聞こえてきます。


ガイ・フォークス・ナイト当日の夜にフライトでロンドンに帰ってくると、
いたるところで花火が打ち上げられているのが見れて面白いですよ♪

タグ

2009年11月 3日||トラックバック (0)

カテゴリー:風俗・習慣

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://happiest.xsrv.jp/MT425/mt-tb.cgi/42