イベント・コンサート

ロンドンオリンピック 開幕!

ロンドンオリンピックがいよいよ開幕しました!

初日の7月27日(金)はロンドンオリンピックのオープニングセレモニーです。

ロンドンオリンピック開幕式
写真は公式ホームページより
http://www.london2012.com/

セレモニーの前にもいろいろイベントをやっていましたが、
驚いたのがイギリス空軍のレッドアローズによる演出です。

テレビではテムズ川の近くを飛行していたのですが、しばらくすると
なんと我が家の上空を轟音と共に飛行していきました。

これで一気にテンションが上がり、自宅でのオープニングセレモニー鑑賞スタートです!


トップバッターはつい先日ツール・ド・フランスで英国人として初優勝を成し遂げた
ブラドレー・ウィギンスが鐘を鳴らします。

その後しばらくは歌やシェークスピアのミュージカルのようなお芝居があったりと
最初はややおとなしめのスタートで、若干飽き気味に。汗

でも、007のジェームスボンド役のダニエル・クレイグがバッキンガム宮殿から
エリザベス女王と一緒にヘリコプターでオリンピック会場に移動したところから
一気に盛り上がっていきます。(実際には映像上での移動ですが)

ハリー・ポッターの作者J・K・ローリングがピーター・パンを朗読。

メリー・ポピンズが登場。

ロンドン交響楽団とMr.ビーンが協演。
ビーン役のローワン・アトキンソンがちょっとしたコメディーを見せる。

60年代、70年代、90年代、現在のナイトクラブのミュージックが流れる。

ロンドン生まれのWorld Wide Web(WWW)発明者である
サー・ティモシー・ジョン・バーナーズ-リーが登場。

デビッド・ベッカムがテムズ川をボートで爆走。

エミリー・サンデー(EMELI SANDE)の歌。

タグ

ロンドンオリンピック まもなく開催!

ダイヤモンドジュビリーも終わり、いよいよ次の大きなイベントはロンドンオリンピックです。
ニュースや街をみていると、ようやくオリンピックの雰囲気が出てきました。

オリンピックムードのロンドン市内

リージェントストリートに掲げられた各国の国旗。
日本の国旗もあります!


ロンドンでオリンピックが開催されるのは実は今回で3回目。
過去1908年と1948年に開催され、今回は2012年7月27日から8月12日の期間で開催されます。

ロンドンオリンピックのオフィシャルホームページ
http://www.london2012.com/


ロンドンオリンピックのマスコットキャラクター。

オリンピックマスコット
写真は公式ホームページより
http://www.london2012.com/photos/latestpictures.html#mascots-the-olympic-stadium-track

ウェンロック(Wenlock)とマンデビル(Mandeville)という名前なのですが、
我々日本人にとってはかわいいマスコットというより、どちらかというと異星人ですよね。

でもニュースでアナウンサーが一般の人にインタビューしていましたが、
こちらの人達はかわいいと思っているようです。
感性の違いなのか、そのようなコメントだけを放送していたのか。。。

タグ

2012年6月24日||トラックバック (0)

カテゴリー:イベント・コンサート

クラシックコンサート ロンドン・フィルハーモニー・オーケストラ

ロンドンの冬の過ごし方の一つ、クラシックコンサートに行ってきました。

ロンドン・フィルハーモニー・オーケストラのクラシックコンサート


クラシックと聞くと、以前はなんとなく堅苦しくて面白くない印象を持っていたのですが、
日本の漫画の「のだめカンタービレ」を読んで以来、結構興味を持つようになりました。

のだめカンタービレは玉木宏と上野樹里が主演のテレビ番組、映画やアニメにもなっていますね。


欧州はクラシックの本場でもあり、ロンドンでも一度は行かねば、と思っていたのですが、
ロンドン・フィルハーモニー・オーケストラ(London Philharmonic Orchestra)が
サウスバンクセンター(the Southbank Centre)で行うコンサートがTime Outで
なんと62%ディスカウント!でオファーされていたので早速行ってきました。

ロンドン・フィルハーモニー・オーケストラのHP
http://www.lpo.co.uk/


ロイヤル・フェスティバルホール

ロンドンに来て初めてロイヤル・フェスティバルホールに行きましたが、
中はカフェやレストランが入っていて、思っていたより広かったです。
コンサート以外の目的で使っている人も多くいるようでした。


ロイヤル・フェスティバルホール内

また、この日は特別なのか、ホール内の1階で無料で演奏会を行っていました。
この演奏会を聞きながら、軽く飲むというのもいいと思います。

タグ

ブリット・アワード 2012

ブリット・アワード2012(Brit Awards 2012)が2月21日に
ロンドンのO2アリーナで開催されました。
http://www.brits.co.uk/

2月11日に行われた第54回グラミー賞で6冠を獲得したアデルは、ブリット・アワードでも
英国女性ソロアーティスト賞とマスターカード英国アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

ブリット・アワード2012のアデル
写真はBBC(http://www.bbc.co.uk/)より

アデル(Adele)はイギリスのロンドン出身の女性シンガーソングライターです。
外見からはそれなりの年齢と思われますが、実はまだ23歳!

彼女の歌唱力は実際すばらしく、2枚目のアルバム「21」は世界で1700万枚売れ、
24カ国でナンバーワンだそうです。

アデルのCD 21

彼女の他の記録は以下の日本公式サイトをご覧ください。
http://adele21.hostess.co.jp/


ブリット・アワード2012の授賞式はITVで放送されていたのですが、
放送時間の関係上司会者が受賞スピーチを強引に中断させてしまい、
これに対してアデルが怒って中指を立ててしまいました。

生放送なので当然バッチリ放送されてしまい、物議をかもしています。

アデルは「ファンに対してではなくてブリット・アワードに対して」だったと
後で釈明していますが、これは本当だと思います。

会場でもスピーチが中断された際にブーイングが起きていましたので、
他の観客も同じ気持ちだったのではないでしょうか。


イギリスでデビューして人気急上昇のシンガーソングライターのエド・シーラン(Ed Sheeran)。
彼は英国男性ソロアーティスト賞と英国新人賞を受賞しました。

ブリット・アワード2012のエド・シーラン
写真はBBC(http://www.bbc.co.uk/)より

デビューシングル曲の「The A Team(Aチーム ~飛べない天使たち~)」は
ロンドンでは一時期ラジオで聞かない日はないぐらいでした。

エド・シーランのCD プラス

タグ

Glee(グリー) ロンドンコンサート

Glee(グリー) 海外ドラマ」の続きです。


大人気のGlee(グリー)がなんとコンサートのためロンドンにやって来ました!

2011年5月21日にラスベガスから始まった北米ツアーの終了後、マンチェスター、
ロンドン、ダブリンの3都市でヨーロッパコンサートが開催されるのです。


私は初日の6月25日(土)にO2センターの初回のコンサートを観てきました。

これから行かれる方もおられると思いますので、セットリスト等のネタばらしは
無しということで私の感想だけ言うと。。。

結構面白かったです!!!

席は後ろの方でしたが、真ん中に小さなステージがあり、そこにも何度かメンバーが登場。

レイチェルとカートの2ショットがこんな間近に!!!

Glee(グリー)のコンサート


ヨーロッパの人は年齢に関係なく歌って踊るのが大好きです。

コンサート会場には若い人、年配の人、家族連れの人と幅広い層の人がいましたが、
絶叫、合唱、ダンスとそれはもう、総立ちで盛り上がりました!


最後はこんな感じです。

Glee(グリー)のコンサート


久しぶりに大満足のコンサートでした♪

タグ

2011年6月28日||トラックバック (0)

カテゴリー:イベント・コンサート

スガシカオ ロンドン公演 2009

ロンドンにいると、日本ではなかなかチケットが入手できないコンサートやミュージカルが
意外に簡単に見れたりします。

2010年11月14日(日)にスガシカオのロンドン公演が開催されますが、
今回は昨年2009年12月7日(日)に開演されたスガシカオ初の海外公演
「スガ シカオ JAPAN-UK サーキット」をご紹介します。


ライブ会場はICA(The Institute of Contemporary Arts)。
http://www.ica.org.uk/

ロンドンの中心部ピカデリー・サーカス(Piccadilly Circus)から南下、
あるいはチャリング・クロス(Charing Cross)から西へ進んだ場所にあります。

ナショナルギャラリー(The National Gallery)やネルソン提督像のある
トラファルガー・スクエア(Trafalgar Square)も周囲にあります。


チケットに書いてある時間がライブスタートの時間だと思い、
仕事帰りにコンサート会場に急いで行きましたが、
どうやら入場開始時間だったようで、だいぶ待ってしまいました。

周囲を見渡すと、ほぼ日本人。
入り口の前にできた列の前の方は日本から来たツアー客のようです。
開場と同時に最前列に陣取っていました。
熱狂的なスガシカオのファンはロンドンまで応援に来てくれるんですね!

私は3列目ぐらいに陣取りましたが、ステージにメッチャ近ッ!
スガシカオが日本でライブをする場合もこんな感じなのでしょうか。

予想していたよりも会場は狭く、いい感じです。
ドームライブなんて、後方の席になるとステージ上のアーティストは
ほとんど見えませんしね。

タグ

2010年11月 1日||トラックバック (0)

カテゴリー:イベント・コンサート

宇多田ヒカル (Utada Hikaru) ロンドン公演

ロンドンでは日本からいろいろなアーティストやミュージシャンが来て
公演をすることがよくありますが、今回は結構大物がやってきました。

宇多田ヒカル(Utada Hikaru)です!

宇多田ヒカル (Utada Hikaru) ロンドン公演

直前に日系の情報誌等でロンドン公演のアナウンスがされていなかったようで、
私の周囲の人も宇多田ヒカルのコンサートのチケットを取ることができなかったようです。

私はたまたまインターネット上でロンドン公演のチケット発売日のことを知って、
かなりラッキーなことにチケットを取ることができました♪

十年前ぐらいのデビュー時からすごい人気があり、当時はそのコンサートチケットは
プラチナチケットで入手するのは相当困難でしたね。
今の日本でもコンサートチケットの入手は難しいのでしょうか。


さて、今回の公演ですが、ロンドンだけでなく、米国のハワイ・ホノルル、
シアトル、サンフランシスコ、ラスベガス、シカゴ、ボストン、ニューヨーク、
そして英国のロンドンの海外8都市で公演しています。

しかも、米国はわからないですが、ロンドンの場合はAngelにある
O2 Academy Islingtonという小さなライブハウスで公演します。
結構雰囲気あって盛り上がるのでは?と期待感も高まります。


そんなこんなで仕事も早々に片付け、18時頃に会場に到着です。
20時開始だから余裕で前の方の列かと思いきや、かなり寒い中
既にかなり長い列ができています。

しかも意外なことにほぼ日本人以外です。
Utadaってそんなに海外で知名度高いのでしょうか。


ブルブル震えながら1時間ほど待ち、ようやく入場です。
会場は結構狭く、ライブハウスって雰囲気ムンムンです。
宇多田ヒカルをかなり近くで見れそうです。

ライブハウスでは既に女性のDJがレコードをまわしています。
後でUtadaが説明していましたが、彼女はニューヨーク(だったかな)で
知り合ったお気に入りのDJで、今回の公演に来てくれるように頼んだそうです。

タグ

2010年2月13日||トラックバック (0)

カテゴリー:イベント・コンサート

デューク更家のウォーキングレッスン in London

デューク更家(デューク さらいえ)のウォーキングレッスンが11月21日(土)、22日(日)に
ロンドンのピカデリーサーカスにある日本クラブで開催されました。

その名も第2回ウォーキングクラス「THE SESSION 70 version2.0」。

デューク更家のウォーキングクラス

11月21日(土)
1st session:12時50分~14時
2nd session:14時20分~15時30分

11月22日(日)
3rd session:10時40分~11時50分
4th session:12時10分~13時20分
Advanced session:13時40分~15時10分(90分スペシャル)


料金も良心的で、通常コースで20ポンド、アドバンスドコースで40ポンドです。
また、今回のセッションに参加すると、21日の夕方からのデューク更家夫妻との
懇親会に参加できるとのこと。


デューク更家といえば、トルソー・ウォークで有名ですよね。
私の知り合いが彼のファンで、今回のウォーキングクラスに
参加していたので、いろいろ話を聞いてきました。

タグ

2009年11月24日||トラックバック (0)

カテゴリー:イベント・コンサート

ノッティングヒル・カーニバルのパレード

ノッティングヒル・カーニバル Notting Hill Carnival」の続き


会場までアクセスしやすいため、ノッティングヒルゲート(Notting Hill Gate)の隣、
ホランドパーク(Holland Park)で下車しました。


初日のノッティングヒル・カーニバルで行われるパレードは子供が主体です。
下は3歳ぐらいの子供から、上は20歳前ぐらいの若い人達がパレードに参加していました。
なんだか子供会のようで、パレードはほのぼのした雰囲気です。

ノッティングヒル・カーニバル 1日目


2日目のノッティングヒル・カーニバルのパレードは大人がメインです。、

ノッティングヒル・カーニバル 2日目

パレードでは華やかに着飾ったいろいろな国の人達が踊りを披露します。
初日の子供主体のパレードとは全く迫力が違いました。

パレード目的でノッティングヒル・カーニバルを観に行くのであれば、
2日目に行かれることをおすすめします。


パレード以上にノッティングヒル・カーニバルを盛り上げているのが
サウンド・システムから流れてくる大音量の音楽です。

これはサウンドシステムと呼ばれるジャマイカの名物で、
移動式の野外ディスコを楽しむために使われるそうえす。

すごく大きなスピーカーを搭載した大型トラックが、大音量で
ダンスミュージックなどを流しています。
その周囲で多くの人が音楽に乗って踊っています。

ノッティングヒル・カーニバル サウンドシステム

タグ

2009年8月18日||トラックバック (0)

カテゴリー:イベント・コンサート

ノッティングヒル・カーニバル Notting Hill Carnival

ノッティングヒル・カーニバル(Notting Hill Carnival)は毎年8月最後の
日曜日と翌日のバンクホリデーと呼ばれる祝日に開催されます。

2008年は8月24日、25日に開催されました。

ノッティングヒル・カーニバル 2日目

ノッティングヒル・カーニバルはヨーロッパ最大、世界的に見ても
ブラジルのリオのサンバカーニバルの次に大きな規模だそうです。


ノッティングヒルといえば、ジュリア・ロバーツとヒュー・グラント主演の映画
「ノッティングヒルの恋人」で登場する場所です。

映画に登場するポートベロー・マーケットはアンティーク・マーケットとしても有名です。


現在では高級住宅が並ぶエリアですが、ノッティングヒル・カーニバルが始まった
1960年前後は移民や低所得者の居住区で、地域のイメージもよくなかったようです。

そんなノッティングヒル地域のイメージアップを狙いとしてイギリス政府が
ノッティングヒル・カーニバルを始めました。

当初はこの地域には多くのカリブ系移民が住んでいたこともあって、
ノッティングヒルカーニバルは今でもカリブ系移民の祭典としての色合いが濃いようで、
街全体がイギリスのロンドンというよりもカリビアン一色になります。

タグ

2009年8月14日||トラックバック (0)

カテゴリー:イベント・コンサート