ロンドン駐在員 イギリスをゆく

カテゴリ

最新情報

海外出張用の持ち物

ロンドンに来て、出張やプライベートの旅行で海外に行く機会がかなり増えました。

かなり旅行慣れしてきたのですが、未だに持っていくモノを忘れることがあります。
自分のためにも海外出張に必要となる持ち物を一度整理してみました。


【海外出張前の準備】

仕事関連のモノは忘れることは無いでしょう。(笑)

ただし、私はアダプター変換プラグはちょくちょく忘れています。(汗)
イギリスと大陸では形が違うので要注意です。

忘れても空港で買えるので大きな問題ではありませんが、
空港で気づかない場合はかなり仕事に支障が出ます。

携帯の充電器も忘れがちです。

名刺や電子辞書もお忘れなく。

ほとんどのホテルでは無線Lanが使えますが、たまにLANケーブルがいる場合もあります。

普段使っている薬も何かあった場合に重宝します。
特に胃薬や下痢止めといった胃腸薬は持っていくべし!

出張期間が長いのであれば、爪切り、耳かき、綿棒など。

当然のことですが、パスポートも要チェックです。
渡航先によってはパスポートの残り有効期間が6ヶ月以上無いと入国できない場合もあります。


【空港で】

クレジットカードやデビットカードはほぼどの国でも使用できますが、
出張先での電車やタクシーのための最低限の現金は必要です。
両替を忘れずに。


【現地での移動時】

事前にオフィスまでの行き方は調べてあるので問題は無いでしょう。
私の場合、タクシーの領収書を貰い忘れることが多いです。(汗)

タグ

2013年6月23日||トラックバック (0)

カテゴリー:仕事

イギリスの新聞

イギリスでは、駅前のスタンドや駅構内のキオスク等でいろいろな種類の
新聞が日々販売されています。

多くの人は朝刊であれば無料のメトロ(Metro)、シティAM(CITY A.M.)、
夕刊であればこれまた無料のイブニングスタンダード(The Evening Standard)を
通勤中に読んでいますが、広告も多く内容は結構薄めです。

● 無料紙

メトロ(Metro)
http://www.cityam.com/

シティAM(CITY A.M.)
http://www.cityam.com/

イブニングスタンダード(The Evening Standard)
http://www.thisislondon.co.uk/standard/


イギリスの有料の新聞は大きくは高級紙と大衆紙に分かれていて、
多くのビジネスマンは高級紙を読んでいることが多いようです。

新聞紙の大きさから、普通の大きさの高級紙はブロードシート(Broadsheet)、
やや小さめの大衆紙と中間市場紙はタブロイド(Tabloid)と呼ばれます。

私は小さめのサイズが持ち運びしやすいので気に入っていますが、
他の人も同じ考えのようで、最近はいくつかの高級紙もタブロイドになっています。


● 高級紙

高級紙の種類は次の5紙で、発行部数が最も多いのはデイリー・テレグラフです。

デイリー・テレグラフ (The Daily Telegraph)
http://www.telegraph.co.uk/

タイムズ (The Times)
http://www.thetimes.co.uk/

ガーディアン (The Guardian)
http://www.guardian.co.uk/

インデペンデント (The Independent)
http://www.independent.co.uk/

フィナンシャル・タイムズ (The Financial Times)
http://www.ft.com/

金融機関で働いている人はフィナンシャル・タイムズを購読しています。
日本の日経新聞のようなものですかね。

また、それぞれの新聞では政治的なスタンスや支持政党がはっきりとしているので、
同じニュースでも異なった報道がされます。

私は新聞を買う場合、ちょっとインテリっぽく見え、右派でも左派でもなく、
持ち運びに便利なタブロイドのインディペンデント(The Independent)にしています。

タグ

2013年5月28日||トラックバック (0)

カテゴリー:風俗・習慣

TONKOTSUのとんこつラーメン

先日よりご紹介しているラーメンシリーズ。

ラーメン屋 一点張×龍旗信でランチ
昇龍のとんこつラーメン


少し前にソーホー(SOHO)にあるラーメン屋「TONKOTSU」に行ってきました。

TONKOTSUのHP
http://www.tonkotsu.co.uk/

最近オープンしたと思っていましたが、2012年秋には開店していたようです。


TONKOTSUを訪れたのは平日の夕方6時頃。
まだ時間帯が早いためか、それほど店内は混雑していませんが、
しばらく経つとあっという間に満席になっていました。

店内は細長い造りで、なんとなく落ち着けない雰囲気。

TONKOTSUの店内


ラーメンはお店の名前と同じくとんこつラーメンのみかと思っていましたが、
他にも東京ラーメン、ソーホーラーメン、しめじ&しいたけ&みそラーメンと
いろいろな種類のラーメンがあります。

やはり多国籍なロンドンではいろいろなお客様の好みに応える必要があるのでしょうね。


今回はとんこつラーメンを注文し、ビールと餃子を頼んで出来上がりを待ちます。

まずはビール。
アサヒ、サッポロ、キリンといった日本のビールもありましたが、
見たことのないペール・エール(Pale Ale)のGamma Ray Pale Aleを頼みました。

TONKOTSUのビール

ラベルが面白いですね。アメリカン?

TONKOTSUのビール


餃子は日本と同等レベル。
ジューシーな中身がパリッとした皮に包まれていて、おいしいです。

タグ

2013年4月11日||トラックバック (0)

カテゴリー:グルメ

ハリーポッター博物館に入場!

ハリーポッターミュージアムへの行き方」の続きです。


ハリーポッター博物館に到着です!

ハリーポッター博物館

チケット引き換えのため、20分前にはハリーポッター博物館に到着するよう
移動時間をきちんと計画しておく必要があります。

私は週末にハリーポッター博物館に行ったのですが、週末は最寄の
Watford Junction駅からのバスが20分から30分毎しか出発しておらず、
UKの交通機関を信用していない私はかなり余裕を見て予定を組みました。

結局予定通りに電車もバスも動いていたため、予定よりかなり早めに
ハリーポッター博物館に到着してしまいました。


でも早く到着した方もご心配なく。
博物館の入り口を入って左手にはカフェ、右手にショップがあります。

このショップではいろいろ面白そうなお土産が買えます。
魔法の帽子を被った男の子や、魔法の杖を持った女の子、お菓子を持った子などが
ショップの中のそこらじゅうをウロウロしています。

私も自分へのお土産に杖を買ってしまいました。汗

ハリーポッター博物館のお土産の杖

登場人物それぞれの杖のデザインは異なるのですが、ハリーポッターの杖はイマイチでした。


買い物をし終わった頃には入場時間近くになったので、そのまま列に並びます。

ツアーの開始される入り口まで並んでいる間に階段下のハリーの部屋がありました。

ハリーの階段下の部屋

かなり狭っ!ハリーの部屋って屋根裏じゃなかったっけ?
ちなみに、枕元の棚に置いてある眼鏡は実際に映画で使われたものだそうです。

タグ

2013年3月30日||トラックバック (0)

カテゴリー:ロンドンの観光スポット

ハリーポッターミュージアムへの行き方

ロンドン郊外に2012年3月にオープンしたハリーポッターミュージアム

オープン当時はかなり混雑していたようなので、しばらく様子を見ていたのですが、
そろそろ大丈夫だろうとようやく行ってきました。

ハリーポッターミュージアム、あるいはハリーポッター博物館と言っていますが、
ワーナーブラザーズ スタジオツアー ロンドン(Warner Bros. Studio Tour London)が
正式な名前のようです。なるほど。

ワーナーブラザーズスタジオの公式サイト
http://www.wbstudiotour.co.uk/


ハリーポッターミュージアムでは、映画のHarry Potterの中で撮影に使われた
セット、コスチューム、小道具やテクノロジーなどを見学することができます。


そんなハリポタミュージアムへの行き方です。

1. 電車+バス

ロンドン市内のユーストン(Euston)から出ているNational Railのfast trainで
約20分先のWatford Junction駅を下車します。

Watford Junction駅からStudio Tourへの所要時間はMullany's Coachesが
運営しているシャトルバスで約15分です。

ハリーポッターミュージアムへのバス

このシャトルバス、通常のダブルデッカーの外装をハリポタ仕様に変えています。

平日は9:20amから6:50pmまでの間15-20分毎に、週末は20分-30分毎に走っています。

タグ

2013年3月10日||トラックバック (0)

カテゴリー:ロンドンの観光スポット

香川真司 ハットトリック達成!

3月2日に開催されたプレミアリーグ第28節、日本代表MF香川真司の所属するリーグ首位の
マンチェスター・ユナイティッド(Manchester United)が12位のノリッジ(Norwich)と
ホームスタジアムのオールド・トラッフォード(Old Trafford)で対戦しました。

試合結果は4-0とマンチェスター・ユナイティッドが快勝。

しかも先発した香川がプレミアリーグでは日本人初のみならず、
アジア人初のハットトリックを達成です!

香川真司のハットトリック


プレミアリーグの試合結果がダイジェスト放送されるイギリスのサッカー番組
マッチ・オブ・ザ・デイ(Match of the Day)でも、香川が絶賛されていました。

特に2点目と3点目は絶賛されていましたね。

ちなみに司会は元イングランド代表、Jリーグ開幕時に名古屋グランパスエイトにいた
あのゲーリー・リネカーです。

タグ

2013年3月 3日||トラックバック (0)

カテゴリー:スポーツ

道端ジェシカ Esquireに登場

F1ドライバーのジェンソン・バトン(Jenson Button)さんの
ガールフレンドとしても有名なモデルの道端ジェシカ(Jessica Michibata)さん。

その道端ジェシカさんが、雑誌エスクァイア(Esquire)のイギリス版3月号で
黒のセクシーランジェリーに包まれた完璧なボディを披露しています。

EsquireのHP
http://www.esquire.co.uk/2013/02/first-look-jessica-michibata/

道端ジェシカのセクシーランジェリー

撮影は写真家のAndrew Woffinden(アンドリュー・ウーフィンデン)氏が担当。

道端ジェシカのセクシーランジェリー


彼女の恋人のジェンソン・バトンがイギリス出身のためか、
イギリスの新聞各紙でも彼女の写真とインタビューが取り上げられています。

Metro
http://metro.co.uk/2013/02/07/jenson-buttons-f1-babe-jessica-slips-into-her-knickers-3398037/

Daily Mail
http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2274943/Jenson-Buttons-girlfriend-Jessica-Michibata-reveals-fitness-secrets-poses-sexy-new-shoot.html#axzz2KEMXuiKu


28歳のジェシカさんはEsquireのインタビューでその体型を維持する秘訣を語っていますが、
ほぼ毎日ジムに行き、ヨガやトライアスロンを行うそうです。

これを知り合いの女性に話したところ、、
「普通の人は毎日ジムに行ってヨガをするなんてできないでしょ!」
と意見を頂戴しました。ごもっともです。汗

タグ

2013年2月25日||トラックバック (0)

カテゴリー:最新情報・ニュース

ヌラーゲ(Nuraghe) イタリアン

ロンドン北部においしいイタリアンレストランがあるとずっと聞いていました。

地下鉄のノーザンライン(Northern Line)タフネル パーク(Tufnell Park)駅の近く、
本格的なサルディーニャ料理を提供するトラットリア ヌラーゲ(Trattoria Nuraghe)です。

週末は結構混み合っていると聞いたので、平日仕事を早めに切り上げて行ってきました。


お店の雰囲気は良く、おいしい料理が楽しめそうな予感がします。

ヌラーゲはシーフード系のメニューがおいしいという噂なので、
今回はシーフード系をなるべくオーダーしました。


まずは前菜。

ヌラーゲに行った時期はムール貝のおいしい季節だったのでムール貝をオーダー。

ヌラーゲのムール貝

ホタテ貝。

ヌラーゲのホタテ貝

Nuragheの人おすすめの自家製ソーセージ。

ヌラーゲのソーセージ

どの前菜もおいしく、イタリア産ワインもぐいぐい飲めてしまいます。
といってもそれほど飲めませんが。汗


続いてメインディッシュです。

ピッツァマルゲリータ。

ヌラーゲのピッツァマルゲリータ

ボッタルガ(カラスミ)パスタ。

ヌラーゲのカラスミパスタ

うにパスタ。

ヌラーゲのうにパスタ

どれもかなりおいしいです!
思い出してお腹が空いてきました。笑

日本にいた頃はそれほどカラスミパスタやうにパスタは食べなかったのですが、
ロンドンに来てからはイタリアンレストランでメニューにあると必ずオーダーします。

特にロンドンで日本人がよく行くイタリアンレストランではお店の人もわかっていて、
日本語で"カラスミパスタ"や"ウニパスタ"が通じます。

タグ

2013年2月24日||トラックバック (0)

カテゴリー:グルメ

グリニッジのマーケット

グリニッジ・パーク」の続き


グリニッジ・パークから帰る途中にマーケットがありました。
マーケットの入り口にあるアーケードには"GREENWICH MARKET"と書かれています。

ボロー・マーケット(Borough Market)は日曜日だと開いていないのに、
グリニッジマーケットは日曜日でも開いているようです。

アーケードをくぐってマーケットに入ります。
規模はそれほど大きくありませんが、活気があって、見て廻るだけでも十分楽しいです。

グリニッジマーケットには、服やアクセサリー、バックはもちろん、
絵やアロマ系グッズなどいろいろなものが売られています。


もちろん食べるものも屋台スタイルで売っています。

さすがロンドン、多国籍の都市だけあって、売られている料理も多国籍です。

日本の寿司、スペインのタパス、フランスのクレープ、トルコ料理。。。
結構幅広いジャンルです。


その中から選んだのが次の2種類。

まずはアフリカ料理。

グリニッジマーケットのアフリカ料理

お店の人に料理名を聞いてみましたが、アフリカ料理だと言われてしまい、
残念ながら結局そのものの名前はなんだかわかりませんでした。

クスクスらしきもの、野菜を少々、いろいろな種類の豆、
かぼちゃのココナッツソース煮などの具材。

これらをトルティーヤのような、はたまたピタパンを薄くしたような生地で包み、
やや辛いサルサソースみたいなソースと、やや酸味のある豆を潰したソースを
最後に加えて出来上がり。

これがなかなか美味しい!

豆料理はあまり好きではないのですが、これはイケます。
野菜だけなのでヘルシーそのもの。
そのためか、若い女の子達が結構食べていました。

タグ

2013年2月11日||トラックバック (0)

カテゴリー:マーケット

イギリスのテレビ事情

イギリスでは一般放送で見ることのできるテレビチャンネル
BBC1、BBC2、ITV1、Channel 4、Channel 5 の5局だけです。

BBCはBritish Broadcasting Corporationの略で、日本語では英国放送協会。
日本でのNHKのようなもので、イギリスの公共放送局です。

したがって、日本の民放に該当するテレビ局は3つのみで、かなり見たい番組が限られます。

また、テレビを所有しているだけでテレビライセンス(TVライセンス)と呼ばれる
100ポンド以上の受信料を毎年払う必要があります。


このような状況であればテレビなんて要らないなぁ、と思いますが、
我が家では英語の勉強のために活用しています。

イギリスで放送されるほとんどのテレビ番組では英語字幕(サブタイトル)を
出すことができ、これがなかなか英語の勉強になるのです。

サブタイトルはリスニングだけでなく、リーディングにも活用できるのでオススメです!

ロンドンに来た当初は、英語の勉強という名目でいろいろなテレビ番組を
毎日3時間以上は見ていました。まるでテレビっ子ですね。汗


5チャンネルではつまらないのですが、イギリスではフリービュー(Freeview)という
無料の地上デジタル放送を見ることができます。

フリービュー(Freeview)のHP
http://www.freeview.co.uk/

テレビであれば50チャンネル、ラジオであれば24チャンネルもあります。

私がロンドンに来た頃はセットトップボックスなど受信用の機械が必要でしたが、
最近の新しいテレビでは最初からフリービューを見ることができます。

5チャンネルだけというのは昔のブラウン管テレビを使っているホテルぐらいでしょう。

タグ


前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11