ロンドン駐在員 イギリスをゆく

カテゴリ

最新情報

スガシカオ ロンドン公演 2009

ロンドンにいると、日本ではなかなかチケットが入手できないコンサートやミュージカルが
意外に簡単に見れたりします。

2010年11月14日(日)にスガシカオのロンドン公演が開催されますが、
今回は昨年2009年12月7日(日)に開演されたスガシカオ初の海外公演
「スガ シカオ JAPAN-UK サーキット」をご紹介します。


ライブ会場はICA(The Institute of Contemporary Arts)。
http://www.ica.org.uk/

ロンドンの中心部ピカデリー・サーカス(Piccadilly Circus)から南下、
あるいはチャリング・クロス(Charing Cross)から西へ進んだ場所にあります。

ナショナルギャラリー(The National Gallery)やネルソン提督像のある
トラファルガー・スクエア(Trafalgar Square)も周囲にあります。


チケットに書いてある時間がライブスタートの時間だと思い、
仕事帰りにコンサート会場に急いで行きましたが、
どうやら入場開始時間だったようで、だいぶ待ってしまいました。

周囲を見渡すと、ほぼ日本人。
入り口の前にできた列の前の方は日本から来たツアー客のようです。
開場と同時に最前列に陣取っていました。
熱狂的なスガシカオのファンはロンドンまで応援に来てくれるんですね!

私は3列目ぐらいに陣取りましたが、ステージにメッチャ近ッ!
スガシカオが日本でライブをする場合もこんな感じなのでしょうか。

予想していたよりも会場は狭く、いい感じです。
ドームライブなんて、後方の席になるとステージ上のアーティストは
ほとんど見えませんしね。

タグ

2010年11月 1日||トラックバック (0)

カテゴリー:イベント・コンサート

Koya(こや) 讃岐うどん

平日のランチタイムに時間が取れたので、最近ロンドンのソーホー地区にオープンした
讃岐うどんのお店「Koya(こや)」に行ってきました。

イギリスの無料朝刊紙METROや日系情報誌ニュースダイジェストで見かけて以来、
讃岐うどん好きの私にとっては待ちに待ったKoya(こや)訪問です。

なんせニュースダイジェストには
「本格手打ち讃岐うどん
 足踏み麺と出汁にこだわったコシのある美味しいおうどん」
となんとも魅力的な広告が出ているのです。


Koyaの外見。

Koyaの店前

ちょっとしたカフェのようです。

Koyaの店内。

Koyaの店内

店内もカフェのようですね
スペースもかなりあり、ゆっくりと食べることができそうです。


メニューを見てみると、うどんだけでもあつあつ、ひやあつ、ひやひやの3つの
カテゴリーに分かれていて、かなり多くのメニューがあります。

うどん以外にもかなり多くのメニューがあり、ワカメや温泉卵といったトッピング、
サラダや天ぷらといったサイドメニュー、牛丼や天丼といったどんぶりなどがあります。

この日はロンドンにしては珍しく暑い日だったので、ひやひやの中から
冷しきざみと野菜天ざるを注文しました。


冷しきざみ。

Koyaの冷しきざみ

いたってシンプルな見た目です。
これは同行者のオーダーだったのでちょっとだけ味見させてもらいましたが、
味の方も見た目同様シンプルで、うどんの美味しさをダイレクトに楽しめます。


野菜天ざる。

Koyaの野菜天ざる

これまた美味しそうです。
ロンドンでこのコンビネーションにお目にかかれるとは感慨ひとしおです。

まずは天ぷら。

Koyaの野菜天ぷら

このサクサクの衣の天ぷらをロンドンで手軽に食べることができるとは思いませんでした。

そしてうどんの麺。

Koyaの讃岐うどん

つやのある、滑らかな感じのうどんです。

タグ

2010年6月 7日|コメント (2)トラックバック (0)

カテゴリー:グルメ

アスパラガスのシーズン到来

2010年5月12日の新聞「Daily Mail」で面白い記事があったのでご紹介します。


イギリスでは今の時期、4月中旬から8週間にわたってアスパラガスの旬の季節となります。

中でもウースターシャー(Worcestershire)のイブシャムの谷(Vale of Evesham)は
北ヨーロッパ最大のアスパラガスの生産地で、その歴史は200年にもわたります。

また、ウースターシャーは第25回英国アスパラガスフェスティバルの主催地でもあります。


その生産地で、安売りで有名な英国最大のスーパーマーケットTWSCO(テスコ)が
6000マイル離れたペルーからアスパラガスの輸入をし、生産地で販売していることで
現地の生産者との間で確執が表面化しています。


「イギリスの気候下では生産できないバナナやオレンジやパイナップルのような
 果物や野菜であれば理解できるし、旬の季節以外の輸入であれば理解できる」

「旬の季節である今の時期に遠いペルーから、安いとはいえ味の劣る
 アスパラガスをわざわざ輸入する必要があるのか」

「それよりもテスコは現地の生産者を支援すべきである」

というのが現地の声です。
まあ当然といえば当然の意見ですよね。


ちなみにペルーでは麻薬の一種であるコカインの生産が盛んでしたが、
1990年頃に米国がコカインからアスパラガスへ生産を転換させた経緯があります。
今日ではペルーの輸出量は12万トンにもなります。


私もペルー産とイギリス産のアスパラガスの食べ比べをしてみました。

タグ

2010年5月17日||トラックバック (0)

カテゴリー:グルメ

チェルシー優勝 イングランド・プレミアリーグ

イングランド・プレミアリーグでは今期(2009年-2010年)は最終節まで優勝が決まらない
大混戦となりましたが、その最終節が5月9日(日)に行われました。

優勝の可能性を最後まで残したのが首位のチェルシー(Chelsea)と
2位のマンチェスター・ユナイテッド(マンU、Manchester United)。
勝ち点の差はわずか1ポイントでした。

去年までの3期連続でマンチェスター・ユナイテッドが優勝をしていましたので、
今期チェルシーが優勝すると4期ぶりの優勝となります。

チェルシーは15位のウィガン・アスレティック(Wigan Athletic)と、
マンチェスター・ユナイテッドは10位のストーク・シティ(Stoke City)との対戦です。


結果は8対0でチェルシーの勝利、4対0でマンチェスター・ユナイテッドの勝利。
勝ち点の差は縮まらず、チェルシーがマンチェスターUの4連覇を阻み、優勝を決めました。

チェルシー優勝 イングランド・プレミアリーグ
写真はBBC(http://www.bbc.co.uk/)より

チェルシーは15日(土)にポーツマス(Portsmouth)とのFAカップの決勝戦も残しています。
ポーツマスはプレミアリーグでは今期最下位ですので、チェルシーの優勝は間違いないでしょう。
これで2冠達成となり、チェルシーファンにはたまらないシーズンとなりそうです。

今期が最初のシーズンとなるイタリア人のカルロ・アンチェロッティ監督にとっては
申し分のない結果となりましたね。

タグ

2010年5月10日||トラックバック (0)

カテゴリー:スポーツ

英語で読むアイスランドの火山噴火

アイスランドの火山噴火によるヨーロッパ航空事情」でご紹介したとおり、
今回のアイスランドのエイヤフィヤトラヨークトル火山噴火により欧州域内の航空便が
約1週間に渡りキャンセルされ、ヨーロッパは大混乱となりました。

ニュースを英語で見ていると、頻出の英単語があったのでご紹介します。



2010年4月15日にアイスランドで火山が噴火しました。

Iceland [n] アイスランド
Icelandic [adj]アイスランドの
eruption [n] 爆発 : volcanic eruption


この火山の噴火により、住民が避難してます。

evacuation [n] 避難



また、火山の噴火により発生した火山灰が空の便に大きな影響を与えました。

ash [n] 灰、火山灰 : the volcanic ash cloud
restriction [n] 制限 : fly restriction
altitude [n] 高度
disruption [n] 混乱
aviation [n] 飛行、航空 : aviation industory、aviation expert
そういえば、aviator(飛行士)という映画がありましたね。



数日後にようやくこの飛行禁止が解除されました。

make a decision 決定する
lift the ban on ~を解禁する
the ban was lifted と受身で使われることが多いです。

タグ

2010年5月 4日||トラックバック (0)

カテゴリー:英語の勉強方法

アイスランドの火山噴火によるヨーロッパ航空事情

2010年4月15日にアイスランドのエイヤフィヤトラヨークトル火山が噴火しました。
この火山灰の影響が広範囲に広がりつつあり、欧州の空は大混乱となっています。

アイスランドの火山噴火
写真はロイター(http://www.reuters.com/)より

火山灰に含まれるガラス、砂、岩などの破片が飛行機のエンジンに深刻なダメージを与え、
乗客を危険にさらすことから域内での運航を禁止する国が増えています。
18日現在で約30カ国の空港で閉鎖や飛行制限などの影響が出ています。

イギリスでは一時空港閉鎖が解除されましたが、再度全空港が閉鎖されており、
そのため大陸に渡る他の方法であるユーロスターやフェリーは満席だそうです。


問題はこの噴火が止む見込みがなく、火山灰の影響範囲が広がってきていることです。
以下のNASAの衛星写真で見える白い部分が火山灰なのですが、欧州全域に広がっています。

アイスランドの火山噴火による火山灰の影響範囲
写真はBBC(http://www.bbc.co.uk/)より


ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways:BA)などの航空会社に与える
影響は一日130万ポンド(200万ドル、約180億円)の損失にもなるとか。

この空港閉鎖や欠航による影響は米同時多発テロ時を超える可能性もあり、
そのため、航空会社の株価も下落しています。

経済活動だけでなく、外交活動にも影響が出ています。
最近飛行機の墜落により亡くなったポーランドの故カチンスキ大統領の国葬で
オバマ米大統領などの各国要人が出席を取りやめました。

タグ

2010年4月19日||トラックバック (0)

カテゴリー:最新情報・ニュース

ボロー・マーケット(Borough Market)散策

いよいよ春めいてきたロンドンの週末。
久しぶりにボロー・マーケット(Borough Market)に行ってきました。

ボロー・マーケットについてはこちらの記事をご覧ください。
ボロー・マーケット Borough Market


まずは腹ごしらえ。
どこの屋台も行列ができています。

いろいろな屋台が出ている中、お目当てのホットドッグに並びます。

ボロー・マーケットの屋台

ここではドイツ風のウインナーが食べれるのです。

ボロー・マーケットの屋台のホットドッグ

イギリスのウインナーは日本のシャウエッセンみたいにパリッと割れないんですよね。
このお店のソーセージはまさに"パリッ"と食べることができるんです!


天気が良かったので、ちょっとした芝生の場所があるとそこは人でいっぱいです。

ボロー・マーケット前の教会

イギリスではいい天気の日は少ないので、天気がいい日はみんなできる限り外に出かけます。
それこそ太陽を求める植物のごとく、ちょっとでも日に当たろうとしています。


次に向かったのがFish! Kitchen。

Fish! Kitchen

イギリスの定番料理フィッシュアンドチップスをテイクアウェイで食べることができます。

Fish! Kitchenのフィッシュアンドチップス

ビネガーをたっぷりかけて、ポテト用のケチャップもドバッとかけましょう。


そのまま近くのパブに移動.

ボロー・マーケットのパブ

タグ

2010年4月14日|

カテゴリー:マーケット

イースター(Easter)

イギリスでは2010年は4月2日から5日まで4日間のイースターホリデーです。

日本で例えるのであればゴールデンウィークといったところでしょうか。
数少ないイギリスの祝日の中で4連休になることは珍しいです。

イースター(Easter)は復活祭とも呼ばれ、イエス・キリストが処刑された日の
3日後に復活した日を祝い、キリスト教においては最も重要な祝日とされています。

ややこしいことですが、イースターの日は毎年変わります。
「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」がイースターです。

そして、イースターの3日前の金曜日、キリストが処刑された日は
グッド・フライデー(Good Friday)と呼ばれ、同じく祝日となっています。


イースターを祝う風俗習慣として有名なのがイースターエッグ。
ゆで卵の殻にペインティングを施して飾ります。

最近では卵の形をしたチョコレートが人気で、この時期にスーパーなどに行くと
カラフルな卵型チョコレートがたくさん売られています。

イースターのチョコレート
写真はイギリスの高級スーパーMarks&Spencer(マークス&スペンサー)のHPより

子供がいる家庭では庭に埋めて子供達が探すエッグハントを楽しむことも多いようです。

なぜ卵か?という理由をWikipediaで確認したところ、
卵から雛が生まれてくることとイエスがお墓から復活したことが結びついているから、
また、冬が終わり草木に再び生命が甦る喜びを表したものといわれているようです。

タグ

2010年4月 4日||トラックバック (0)

カテゴリー:風俗・習慣

宇多田ヒカル (Utada Hikaru) ロンドン公演

ロンドンでは日本からいろいろなアーティストやミュージシャンが来て
公演をすることがよくありますが、今回は結構大物がやってきました。

宇多田ヒカル(Utada Hikaru)です!

宇多田ヒカル (Utada Hikaru) ロンドン公演

直前に日系の情報誌等でロンドン公演のアナウンスがされていなかったようで、
私の周囲の人も宇多田ヒカルのコンサートのチケットを取ることができなかったようです。

私はたまたまインターネット上でロンドン公演のチケット発売日のことを知って、
かなりラッキーなことにチケットを取ることができました♪

十年前ぐらいのデビュー時からすごい人気があり、当時はそのコンサートチケットは
プラチナチケットで入手するのは相当困難でしたね。
今の日本でもコンサートチケットの入手は難しいのでしょうか。


さて、今回の公演ですが、ロンドンだけでなく、米国のハワイ・ホノルル、
シアトル、サンフランシスコ、ラスベガス、シカゴ、ボストン、ニューヨーク、
そして英国のロンドンの海外8都市で公演しています。

しかも、米国はわからないですが、ロンドンの場合はAngelにある
O2 Academy Islingtonという小さなライブハウスで公演します。
結構雰囲気あって盛り上がるのでは?と期待感も高まります。


そんなこんなで仕事も早々に片付け、18時頃に会場に到着です。
20時開始だから余裕で前の方の列かと思いきや、かなり寒い中
既にかなり長い列ができています。

しかも意外なことにほぼ日本人以外です。
Utadaってそんなに海外で知名度高いのでしょうか。


ブルブル震えながら1時間ほど待ち、ようやく入場です。
会場は結構狭く、ライブハウスって雰囲気ムンムンです。
宇多田ヒカルをかなり近くで見れそうです。

ライブハウスでは既に女性のDJがレコードをまわしています。
後でUtadaが説明していましたが、彼女はニューヨーク(だったかな)で
知り合ったお気に入りのDJで、今回の公演に来てくれるように頼んだそうです。

タグ

2010年2月13日||トラックバック (0)

カテゴリー:イベント・コンサート

アフタヌーンティーのおすすめ

アフタヌーンティー(Afternoon tea)とは、イギリスの代名詞ともいえる
伝統的な風俗習慣で、英国の上流階級の間で19世紀に始まりました。

当時のイギリスでは1日に朝食と夕食の2食でした。
その間の空腹を満たすために始まったのがアフタヌーンティーです。

日本でいえば茶道がアフタヌーンティーに該当します。
茶道と同様、アフタヌーンティーでは単なる飲食を超えて
作法や会話、食器などの知識が求められるのです。


アフタヌーンティーでは、狭いテーブルを有効活用するために
3段のティースタンドが一般的に使われています。

フォートナム&メイソンのアフタヌーンティー

上段はスイーツ、中段はスコーン、下段はサンドイッチというのが基本ルールです。

スイーツはお店によっていろいろな種類が出されますが、
チョコレートケーキ、フルーツタルトなどが一般的です。

スコーンにはクロテッドクリームやジャムが添えられています。
このクロテッドクリームが重要!
スコーンにジャムと一緒にたっぷりと塗って食べましょう。

クロテッドクリームの詳細は先日「クロテッドクリーム」でも紹介しましたが、
これ無しではアフタヌーンティーは成立しないと言ってもいいと個人的には思います。

フィンガーサンドイッチと呼ばれるサンドイッチの具材は
キュウリやタマゴ、スモークサーモンが一般的。

これらをポットにたっぷりと入った紅茶と一緒に楽しみます。


アフタヌーンティーに特に厳密な作法は無いものの、一流ホテルや高級店に
行くのであれば、ある程度フォーマルな服装で行くことをおすすめします。

タグ

2010年2月 1日||トラックバック (0)

カテゴリー:風俗・習慣


前の10件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14