ロンドンのバーゲン・セール

ロンドンのバーゲン・セール

ロンドンでは年に2回のバーゲン・セールの時期があります。

夏のサマーセールは6月中旬頃から7月中旬頃まで、
冬のウィンターセールはクリスマスの後、ボクシングデーの12月26日から1月中旬頃までです。

実際にはこの期間の前から、特に冬はクリスマスセールが始まっているお店もありますし、
もっと長い間セールを行っているお店もありますが、本格的なバーゲンセールは
ほとんどのお店でこの時期内に行われます。


セールといっても日本のバーゲンとは比較にならないほど大幅に値引きされ、
日本だとまずセールにならないようなブランドも対象になります。

しかも、後半になるにつれて値段はどんどん安くなっていき、最終的には
70%引きなど、信じられないほどのディスカウントとなります。
ホント驚きの安さです!

ポール・スミス(Paul Smith)のセール
ポール・スミス(Paul Smith)のセール


ただし、人気のアイテムやサイズは早めになくなってしまうので、
買う時期の見極めがなかなか難しいところです。

個人的には多少値段が高かろうと、セール初日を狙うべし!です。
高いといってももちろん普段よりは安いですし。

クリスマス明けのバーゲン初日はお店のオープン前から多くの人が
開店を待って行列を作っています。

ハロッズ(Harrods)のウィンターセール初日
イギリス最大の高級百貨店、ハロッズ(Harrods)のウィンターセール初日。
ハロッズ前で開店を待つ人々。

人混みが苦手で、普段市内にはほどんど行くことのない私ですが、
この期間はバーゲンハンターとしてショッピングに精を出しています。

品揃えが豊富な百貨店・デパートに行くもよし、
高級ブランドの専門店やセレクトショップを狙うもよしです。

Wikipediaによると、イギリスの代表的な百貨店として以下が挙げられています。

ハロッズ(Harrods)
http://www.harrods.com/

セルフリッジズ(Selfridges)
http://www.selfridges.com/

ハーベイ・ニコルズ(Harvey Nichols)
http://www.harveynichols.com/

ジョン・ルイス(John Lewis)
http://www.johnlewis.com/

リバティ(Liberty)
http://www.liberty.co.uk/

フォートナム&メイソン(Fortnum & Mason)
http://www.fortnumandmason.com/

ハウス・オブ・フレイーザー(House of Fraser)
http://www.houseoffraser.co.uk/

ピーター・ジョーンズ(Peter Jones)
http://www.peterjones.com/

フェニック(Fenwick)
http://www.fenwick.co.uk/


マークス&スペンサー(Marks & Spencer)は英国最大の衣料小売店ですが、
英国の百貨店の定義に当てはまらないため、厳密には百貨店に含まれない、だそうです。
知りませんでした。

マークス&スペンサー(Marks & Spencer)
http://www.marksandspencer.com/


日本人にとっては昨年2013年夏にロンドン三越が閉店されたのは残念です。
日本人好みの品揃えなので、結構使い勝手がよかったのですが。。。


次回は私のおすすめショッピングエリアをご紹介します。

ロンドンのショッピングエリア」に続く

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://happiest.xsrv.jp/MT425/mt-tb.cgi/143