全英オープンゴルフ 2013年優勝はフィル・ミケルソン!

全英オープンゴルフ 2013年優勝はフィル・ミケルソン!

2013年7月18日から4日間行われた、男子ゴルフの全英オープン選手権。
http://www.opengolf.com/

全英オープンゴルフの会場はスコットランド、ガレーンのミュアフィールド・リンクス。
開催地としては16回目となります。

MuirfieldのHP
http://www.muirfield.org.uk/


私が観戦に行った全英オープンゴルフの2011年は雨と強風で最悪のコンディションで、
寒さに震えていたことを思い出します。

全英オープンゴルフ 2011年観戦記
全英オープンゴルフ 2011年観戦記 その2

イギリスでは珍しく快晴続きの今年の全英オープンゴルフ。
ピクニック感覚で観戦できるのがうらやましいです。


それはさておき。

21日の最終ラウンドは地元イングランドのリー・ウェストウッド(Lee Westwood)と
米国のタイガー・ウッズ(Tiger Woods)の一騎打ち!かと思いましたが、なんと。。。

フィル・ミケルソン(Phil Mickelson)が最終日に5アンダー、66とスコアを伸ばし、
2位のヘンリク・ステンソン(Henrik Stenson)に3打差で優勝しました。

2013年全英オープンゴルフ優勝者、フィル・ミケルソン
写真はhttp://www.theopen.com/より

ミケルソンは全英オープンでは2004年の3位、2011年の2位タイ以外は成績も
良くないのですが、今回見事初優勝、メジャー通算5勝目を飾りました。

一方、予選通過を果たした日本人は松山英樹(トータル2オーバー20位)と
片山晋呉(トータル8オーバー70位)の2名。

松山は3日目、一時首位と1打差の1アンダー4位タイとなっていたものの、
17番でスロープレーにより1罰打を加えられて11位となってしまいました。

この競技委員の判定は現地メディアでも話題となっているそうですが、
最終日、結局松山は通算2オーバーの6位でした。
これは快挙でしょう!

松山と同順位はあのタイガー・ウッズ(Tiger Woods)。

上位にいるのは、1位のフィル・ミケルソン(Phil Mickelson)、
2位のヘンリク・ステンソン(Henrik Stenson)、
3位のイアン・ポールター(Ian Poulter)、アダム・スコット(Adam Scott)、
リー・ウェストウッド(Lee Westwood)だけです。

また、6月の全米オープンゴルフでは10位に入り、今回の全英オープンゴルフでも6位。
日本人初のメジャー2試合連続ベスト10入りだそうです。

今後の松山英樹の活躍が楽しみですね。
(石川遼も負けずにガンバレ!)

タグ

2013年7月22日||トラックバック (0)

カテゴリー:スポーツ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://happiest.xsrv.jp/MT425/mt-tb.cgi/136